不妊治療のためにどうしても現金が必要でした

収入的にもそれなりに安定しだして、子供も育てていけるくらいの経済力は付いたということで、そろそろ子供が欲しいと、妻と一緒に話していましたが、先日妻が不妊症であることが発覚しました。不妊症の治療はお金もかかりますので、治療のためにとうとうカードローンを利用することになりました。

性別:男性
職業:正社員
年齢:30歳
借入額:40万円
借入先:ACマスターカード
参考にしたサイト:クレジットカードのおすすめ比較ランキング

▼保険が利かない不妊治療
不妊症の治療は大きくわけて保険が利く治療と利かない治療の2種類に分けられると思います。発覚してからは勿論治療をすることにしましたが、治療にお金を割いたために養育費が足りなくなってしまっては本も子もありませんので、保険が利く治療を選択しました。結果は、治療を始めて1年経っても治らないという残酷なものでした。お医者さんの言う通りに治療を進めたにも関わらず、結局治らないわけですからもうどうしようも無いと思っていました。妻と一緒に泣いていました。
それから少し経ってから、腕の良いクリニックがあることを知ることになります。ただし、そのクリニックでは保険が利かない不妊治療をしていました。しかし私達は藁をもすがる思いで治療を受けることにしたのです。
保険が利かないので、当然ながら治療費は嵩んでいくことになりました。それでも、どうしても子供を諦めきれなかった私達は、借金をしてでも治療に専念することを決意しました。とりあえずキャッシングをしてお金を用意することにしたのです。

▼アコムを使ってみました
カードローンはアコムを利用してみました。選んだ理由は、ただテレビコマーシャルでよく見かけるからという実に短絡的な理由でした。手続き自体は円滑に進めることができたので満足しています。ネットで申し込み、そして無人契約機によって契約、その場でカードを渡される、といった具合です。
妻を不安にさせたくはありませんでした。不妊は精神的ストレスによっても治療できるかどうかが決まってくるからです。妻の前では必ず治ると笑顔を見せていたにも関わらず、心の奥底では借金の不安でいっぱいでした。
ACマスターカードでのキャッシングやクレジットカード機能の返済は、リボ払いによって行われます。私の給料で払える範囲で月々の返済額を決めていましたので、予定通りに、計画的に返済は進むことになりました。

▼枠がどんどん減少して…。
治療費の分だけを融資してもうことにしていましたが、リボ払いでは月々の返済額は一定にも関わらず出費だけは増えていくため、時間が経つにつれて次第に利用額が限度額に近づいていくことになりました。残りいくらを融資してもらえるのか、そのことだけが頭に残ることになりました。そして金利も時間が経つにつれてじりじりと発生していきます。私はこの時、カードローンに頼ってしまったことを後悔しました。
私の不安そうな顔を妻に見せるわけにもいかない、しかし現実は家計がどんどん圧迫されていく、このジレンマが徐々に私の心を蝕んでいくことになりました。

▼子供は保留に
これまで妻にはお金のことを任せていませんでしたのでこのジレンマを気付かれることはありませんでしたが、先日、ついに妻にバレてしまいました。お金のことを不安に思ったのか、妻は私の通帳を勝手に見てしまったのです。そして私に一言、「ごめんね」と言うと、これまでせき止めていた感情が一気にむき出しになり、その場に泣き崩れてしまいました。私も一緒になって泣きました。
後日、不妊治療と借金についての家族会議が開かれることになりました。借金の額は40万円程度でしたのでこれは時間をかければ返済は可能でした。そのため、一時的に不妊治療はやめることを決めました。まずは私達2人が生きていくことが優先です。借金を全て返済し、そしてまたお金が貯まったらもう一度だけ不妊治療に専念してみようという結論に至ったわけです。
私達は子供を未だに諦めてはいません。子供と3人で、いつか絶対に幸せを掴んでやる、と意気込んでいます。妻も絶対に諦めないと言っています。現在は2人で節約をしながら元気良く仕事に励んでいます。

ホスト遊びでカードローンを申し込んだときの審査が通るまでの一部始終

ホスト遊びにはまっていたころは、お金のやりくりが大変だったのを覚えています。死ぬ思いで通ってましたから。今から1年位前の話になりますけどね。当時は、風俗で働いてたから、毎日のようにお金が入ってきてました。友達と一緒に仕事が終わると、ホスト遊びに行きました。お気に入りの男を指名して、飲みまくりです。記憶を失うこともありました。ただもう、ホストたちのもてなしが半端なくよかったので、はまってしまうことになってしまいました。

一回の飲みで、数十万になることも珍しくありませんでした。飲みのあとに、また、その男の家まで遊びに行ったこともあります。でも、しばらくすると、いつも指名していたお気に入りのホストが辞めてしまったんです。大ショックでした。携帯電話に電話しても全くでません。メールの返事もないのです。私は、それがきっかけになり、風俗の仕事もやめてしまいました。やっぱり張り合いがなくなってしまったんですね。それまでは、お気に入りの男に会いたくて頑張ってきたけどその目標がなくなってしまったとたん、やる気をなくしました。住んでたところの家賃も高くて、家賃の支払も遅れだしました。

そこで、カードローンを申し込むことにしました。今までは消費者金融で借りたことはあったけど、カードローンは初めてでした。インターネットで申し込んでから、審査が通るまでの一部始終は興味深いものでした。仕事のところは、派遣の会社を入力したのです。実際に、登録もしてあるし、何回か実際に勤めた実績もありますので嘘ではありません。結局、カードローン会社も在籍確認はするでしょうから派遣元での確認はとりずらかったと思います。でも、無事に審査を通過しました。嬉しかったです。審査が通るまでの一部始終は今でも鮮明に覚えています。自分の予想以上の限度額になりました。感謝してます。目いっぱい使いました。

今は返済に追われています。遊びはできません。最近では、正直、ほかの消費者金融からも借りています。だから、支払は大変です。夜のアルバイトでコツコツと返済しています。今は、返すのみになってしまっているけど、早く使うほうも復活したいです。欲しいものもいっぱいあります。洋服も最近買ってませんからね。海外旅行も我慢しています。友達からの誘いも断っている状況です。まずは、自分を助けてくれたカード会社への返済を終えるために、完済を目指していきたいと思います。

クレジットカードの正しい選び方 2016年版

審査なしで持てるクレジットカードと同じ機能を持つカード

クレジットカード関連の情報を検索していると「審査なしのクレジットカード」を探してる書き込みなどを見ることが出来るのですが、基本的にそういったカードは存在しません。無職であったり収入がなくても発行された、という例は実際にあるのですがそういったカードでも発行を断られる方の実例があるので審査なしという事はありえないのです。

そういった審査が甘いカードも発行出来なかった場合、もっと審査が甘い会社を探すと言う手もありますが、クレジットカードほぼ同等の機能を持つカードを使うという手もあります。クレジットとほぼ同等の機能を持つものとしてまずあげられるのがプリペイドカードでコンビニなどでも販売されており、代金を先払いする必要はありますが審査の類はなく誰でも使用することが出来ます。ただしこれは必要になるたびにカードを買いに行く必要があるので日常の使用には向いて居ません。

そういったクレジットと同じ扱い方をするカードとしてはデイビットカードの使用をすすめる人が多いようです。デイビットカードとは、使ったその場で銀行から引き落とされるという形式のカードで企業が立て替えを行わないので審査は存在せず16才から持つことが出来ます。ただしデイビットカードはその場で引き落とされるので、残高が少しでも足らないとその場で使用が出来なくなるという弱点も存在します。

 

外国人でも比較的容易にクレジットカードを持つことができます

外国人でも、日本国内に住んでいれば、クレジットカードを発行してもらえる可能性が高いです。もちろん、年齢要件や収入要件などを満たしている必要がありますが、一般的にカードローンの利用契約を結ぶ際よりも、審査に通過できる可能性が高いと言われています。

たとえば外国人がカードローン契約を結ぶだめには、日本の永住権を取得していることが求められるのが普通です。そのために、必要書類として認めてもらえるのは在留カードのみとなっています。一方、クレジットカードの場合は、永住権の取得までは求められないケースが多いです。したがって、日本人と結婚して日本に永住するつもりで暮らしているような人だけでなく、就学ビザで来日している留学生等の外国人でもクレジットカードを発行してもらえる可能性があります。必要書類は、在留カードのみでなく、外国人登録証明書や運転免許証などでもオーケーです。ただし、留学生の場合は、その他に学生証の提示も求められるようになっているのが普通です。

なぜそのような違いが生じているのかというと、一般的にクレジットカードよりもカードローンの方が利用限度額が高めの設定になるケースが多いことが一因です。実際には、カード会社によって対応に差がありますので、インターネットなどで情報収集してから申し込むようにするとよいでしょう。

 

比較をしてANAカードが良いと分かりました

そろそろ私も、何かクレジットカードの様なものを、新しく持ってみたいと考えましたので、その後どう言ったものが世の中にあるか、情報を調べてみることにしました。するとすぐに、様々なカードを見つけることができましたが、その数がとても多かった上に、それぞれに独自の個性や特徴があることが分かりましたので、一体どれを選んだら良いか非常に迷ってしまいました。

そこで私は、じっくりとそれらを比較してみることにしましたが、その結果ANAカードと呼ばれるものがかなり人気がある上に、内容的にも魅力的であることがわかりました。私がANAカードを気に入ったのは、マイルと呼ばれるものを貯めたり使ったりすることができる点ですが、昔から旅行が非常に大好きで様々なところに頻繁に出かけていましたので、まさに自分自身に最適であると感じました。また割引関連も非常に充実していて、ショッピングをする際にもいろいろと得をすることができるみたいでしたので、そこら辺も非常に魅力的に思えました。

結局私は、比較をした結果ANAカードが一番良いと思いましたので、実際に申し込みを行ってみることにしましたが、その後スムーズに手続きが終り無事にカードを持つことが出来ました。そして、それ以来自分自身の行動の幅というものが、これまでよりもかなり広がり、積極的かつ楽しい日々を送れるようになりましたので、自分自身の選択は間違っていなかったと強く感じました。

 

カードローンもクレジットカードも持ちたい私が選んだ選択

カードローンは、いつでもお金が借りられるカードです。クレジットカードは、どこでも買い物ができるカードです。両方持っていれば、まさに無敵でしょう。私は、両方の機能を兼ね備えた「ACマスターカード」の存在を知り、買い物を満喫しています。お金に余裕がある方に、このカードをお勧めします。

【体験者の情報】
性別:男
職業:会社員
年齢:25歳
借入額:15万円
借入先(業者):アコム

どっちも持ちたい

カードローンは、使いやすいサービスです。お金が欲しい時、手続き一つで利用できます。クレジットカードは、キャッシング枠がなければ現金が手に入りませんが、限度額まで買い物ができます。

どっちを持つか悩んだら、どっちも持たなくてもいいと思います。現金さえあれば買い物は可能ですし、無理にキャッシングに申し込む道理はありません。むしろ、持つだけ無駄かもしれません。個人的には、「お金をあまり持ちたくない人」が、これらのカード契約を申し込むのだと思います。

カードローンのメリット

私は、限度額まで何度も借りられ、支払いも迅速に行える所がメリットだと思います。銀行系カードの場合、見た目も銀行のキャッシュカードに似ており、あまり目立ちません。虎の子として、一枚持っていても良いと思います。

他に、「誰かに使われても、保険で料金が肩代わりされる」、「使っていて、あといくら借りられるか、webサイトで確認できる」などのメリットがあります。借り入れはATMから行えますし、返済も同様です。銀行引き落としがメジャーですが、ボーナスが入ったら、その足で返済に出向くことも可能です。

クレジットカードのメリット

クレジットカードは、ネットで買い物をされる際に便利です。カード決済が利用できると、銀行振込や代金引換の手間が省けます。時間がない方や、すぐに商品が欲しい方におすすめのサービスです。

私は、消費者金融はブラックなイメージがある企業だと思っていました。某金融のトラブルや、ダーティな取り立てなど、枚挙に暇がありません。でも、お金がない人にとって、金融会社は神様のような存在だと思います。

ACマスターカードに決定

色々考え、両方の機能をもつ「ACマスターカード」に申し込みました。すぐ審査が行われ、無事発行されました。初めは少し戸惑いがありましたが、限度枠内なら何度でも借り入れができる利便性や、複数のカードを管理しなくて済む手軽さは、とても便利だと思いました。

このカードでペットの砂を買った時、初めて、カードの利便性に気づきました。サインをするだけで、簡単に商品が購入でき、支払いは銀行口座から行えます。こんなに便利なサービスがあったなんて、思いもよりませんでした。

一挙両得

お金の世界は、危険が付き物です。このカードがあれば、管理するカードの枚数も減り、借金の返済計画も立てやすくなるでしょう。ただし、カードを紛失すれば、リスクも倍です。このカードを作ってから、財布を新調し、安全性の向上に努めています。

世の中には、まだまだ知られていないサービスが山のようにあります。期間限定だったり、希望者限定だったりと、いろいろな制約条件があります。私は、webサイトなどを活用して、多くのサービスを利用しています。もちろん、決済はACマスターカードにおまかせです。

 

申し込みの布石の為に信用情報機関に問い合わせ

人々は、たまに信用情報機関へ情報照会をしています。その理由の1つは、申込の布石です。そもそも何かを利用するとなると、審査を受ける事もあるのです。クレジットカードなどを作るためにも、必ず金融機関による審査を受ける事になります。それだけに、それに備えておきたいと思うのは自然な考えです。

また携帯の申込も同様です。その電話の申込でも、信用情報などは照合されますし、ゆうちょの商品などでも照会される事になります。そして申込者としては、もちろん審査に通ることを希望しています。それで上記の機関に対する情報確認などを行う事例も、多々ある訳です。

なお人によっては、それを何度も行っています。中にはいくつもの会社に申し込みをしている方も居る訳ですが、それで情報機関への問い合わせをするのです。いずれにしても情報機関に問い合わせをすると、申し込みに関して色々と有利な情報を得られる傾向があります。無難に申し込みの手続きを完了させたい時には、問い合わせをしてみるのも一法です。

 

ETCカード使用の際の注意点やお得情報

ETCの普及によって、高速道路の通行がますます便利になりました。料金所で一旦停止する必要がなく、カードから自動的に決済されるシステムのため渋滞緩和にも一役買っています。2001年に本格導入されたETCシステムは年々普及率が上がっており、最近では50%程度の普及率となっています。ただしこれは二輪や営業用の車両などすべての車両を含んだ数字ですので、一般乗用車に限れば80%程度にまで上がるのではないかと言われています。ETCでは通常よりも安い料金で高速道路を通行できるのも魅力です。

深夜割引や休日割引など、いずれの時間帯でも何らかの割引が行われており、高速道路のヘビーユーザーによっては財布に優しい制度となっています。
ETCカード おすすめなのが、高速料金をもっとお得にしたいという場合、ETCマイレージシステムに登録するという手もあります。これは、ETCカードに記載の番号等を登録しておくだけで自動的にポイントがたまり、そのポイント数に応じて無料通行できるというサービスです。

登録は非常に簡単ですので、一度登録されることをおすすめします。最後に、ETCカードは車から離れるときは車 載器から抜いておくことが望ましいです。車上荒らしなどにあい、ETCカードを盗難されたという例も存在します。普段は財布などに入れておき、高速道路を 通行するときだけ車載器に挿入して使うようにしましょう。ETCカードは簡単に悪用される可能性がありますので、気をつけるようにすることが賢明です。

 

クレジットカードをおすすめする理由を早わかり述べます

クレジットカードは早わかりでいってしまえば申請すれば会社にもよると思いますが、なかなか優しい基準でカードを作ってくれます。なので私自身アルバイトの身分でありながら簡単にカードを手に入れられました。収入があまり多くないのに申請できるのかと少し不安に思う人もいるかもしれませんが(実際自分もそのように思っていた一人なので)カード会社は顧客を増やしたい場合も在るので結構あっさりとした審査で通ってしまいます。

信頼できそうな会社なら一枚くらいカードを持っていても損はないでしょう。さらにおすすめなところといえば早わかりで言っていくと、まずやはり大金(現金)を持ち歩かないですむ所でしょう。かさばる現金の代わりにカード一枚で買い物が出来てしまうのですから。または現金が足りないとき等にかわりにクレジットで支払いが出来てしまう所もとても魅力的であると思います。それにカード会社にもよりますがポイントの還元もまた魅力ある点だと思います。

カード支払いでどれだけ買い物をしたかによって後々ポイントが加算されてそのポイントによって商品の交換ができるというところもカードをすすめる理由の一つです。現金の代わりにカードで支払うだけでどんどんポイントが貯まっていくのはクレジットカードの一つの楽しみでもあるでしょう。以上クレジットカードを持ってみても良いのではとおすすめする理由をあげさせていただきました。

 

クレジットカードの作成を非公開で作る方法

クレジットカードはどのような人が作成をすることができるのかというと、成人していて毎月一定額の収入があれば大学生などの学生でも申し込みをすることができるので便利です。このような業者では家族などに非公開でクレジットカードの作成をすることができるのでとても便利です。このような業者ではパソコンを使って申し込みをすることができます。

このパソコンを使っての申し込みは24時間365日いつでも申し込みをすることができるのでとても便利です。ここで申し込みをすると家におくってもらうことができるので便利です。他にも無人機での申し込みをすると非公開でカードの作成をすることができるのでとても便利です。ここでの申し込みをするとカードを即日で作ることができるのでとても便利です。

このような所ではクオカードをもらうことができるところもあるのでとても便利です。このような所ではクレジットカード以外にもキャッシングカードも一緒につくることができるところもあるのでとても便利です。このような所ではわからないことがあればパソコンを使ってインターネットで聞くことができますし、電話を使ってでも聞くことができる所もあるのでとても便利です。